広告作成は専門業者へ

作業員が腕に取り付ける腕章や、大量のDMハガキ、店舗前に設置する立て看板などは、それぞれを専門としている業者に作成を依頼することで、思い描くものを作ってもらうことができます。まずはその業者を選ぶ際に覚えておくべきポイントを紹介するので参考にしてみてください。

依頼する業者を選ぶポイント

腕部分に取り付ける腕章やDMに使用するハガキ、立て看板など、企業の印象に大きく関わる部分のデザインは、デザインの種類が豊富な業者やカスタマイズが可能な業者を選ぶのがポイントです。そうすることで、企業のイメージをしっかりとアピールすることができるでしょう。

思い描くデザインを形にしよう!腕章や看板はプロに依頼するのが肝

男女

宣伝効果を高めるには

イベントを行ったり新店舗を開業する際は、集客のためにもしっかりとした宣伝を行う必要があります。ネットを活用して宣伝を行う方法もありますが、それにプラスして看板やハガキによるDMを取り入れれば、さらなる宣伝効果を期待することができます。

印刷

とにかく目立たせることが大切

宣伝効果を狙うなら、注目を浴びるようなデザインに仕上げる必要があります。特に重要なのが配色です。色相(色合い)・彩度(鮮やかさ)・明度(明るさ)に拘り、デザインを考えていきましょう。

print

文字色と背景色のバランスを考える

腕章もハガキも立て看板も、文字色と背景色のバランスが大切になります。背景は赤、文字はオレンジというように同系色の色を選んでしまうと見づらい広告になってしまうからです。しかしどうしてもそのようなカラーにまとめたいという場合は、文字のフチに白や黒などの色を入れてみてください。文字が浮き上がり、読みやすい印象に仕上げることができます。

広告

業者に相談することもできる

どうしても色のバランスやデザインが決められないという場合は、業者に相談してみましょう。サンプルを参考にすることもできますし、イメージを伝えればデザインを提案してもらうこともできます。困ったら即相談!そうすることでスムーズな広告作成が可能になります。

最後に

広告を作成する場合は、あらかじめ自分でデザインを決めておけばスムーズに作成を依頼することができます。色のバランスを考え、利用者の目に止まるようなデザインになるように考えましょう。それから業者に相談して作成してもらうことで、仕上がりが綺麗な自社だけの看板や広告をつくることができるのです。